ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

【第11回】ベトナムと日本の教育の違い~目指すエリート像~【VIETJO LIFEコラム:ドンと行く!俺らのベトナム体験記】

2017/07/12 13:00 JST配信
Clip to Evernote

(本記事は、2017年7月12日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。)

こんにちは!
早稲田大学ボランティアセンター公認 DOORS―日越交流プロジェクト― です!


DOORSは年に2回ベトナムに渡り、現地で 奨学金授与交流会 の開催による教育支援をおこなっている団体です。

今回ご紹介するのは、 ハノイ大学の学生たちとの交流について です!!
彼らとの交流を通して見えてきたのは、ベトナムの教育制度や大学受験の仕組み、エリート階級の進路などなど・・・。
日本人学生と比べるとどうなのでしょうか?

担当するのは あやぞ です。
よろしくお願いします!

日本語学部が最も人気!?

交流したのは、こちらハノイ大学の日本語学部の学生たちです。




夜にご飯を食べに行ったお店で、彼らがプレゼンしてくれたのが、ベトナムの教育制度について。
日本の私立大学の入試制度はというと、現在では一般的に センター試験 を受け、その後に大学独自の試験で合否が決まります。
しかし、ベトナムでは入試制度の仕組みが少し違うらしく、簡単に言うと、成績の良い人から自分で大学を決められるらしいです。
なんだか中国の 高孝 みたいですね!

彼らに「日本語学部ってどれくらい難しいの?」と興味本位で聞いてみたところ、「ハノイ大学の学部で、 一番人気で一番難しい! 」と言われました。
正直日本人としては、自国の言葉の学部が一番人気があると言われるのは大変嬉しいことですが、最難関とはびっくり!


本文の続きはこちら → VIETJO LIFE「【第11回】ベトナムと日本の教育の違い~目指すエリート像~
コラム「ドンと行く!俺らのベトナム体験記」の一覧はこちら → 「ドンと行く!俺らのベトナム体験記

著者紹介
DOORS―日越交流プロジェクト―

早稲田大学平山郁夫ボランティアセンター(WAVOC)公認 DOORS―日越交流プロジェクト―

「相互理解・相互成長」を理念に、年2回ベトナム・ホーチミンの小中学校と高校で「交流」を通じた教育支援と奨学金支援をしている学生ボランティア団体。


ドンと行く!俺らのベトナム体験記
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)