ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ
トップ>ニュース>経済

ベトナムとドイツ、PPP案件の支援作業グループ設置へ

2012/09/21 12:34 JST配信
Clip to Evernote
(C)CafeF、レスラー副首相(左)とビン計投相 写真の拡大

 ベトナム・ドイツ対話フォーラムが18日ハノイ市で開かれ、ブイ・クアン・ビン計画投資相と訪越中のドイツのフィリップ・レスラー副首相兼経済技術相が出席した。双方は、官民パートナーシップ(PPP)方式による投資案件で支援作業グループを設置することで合意した。18日付カフェエフが報じた。

 これは、ドイツのヘルマングループがベトナムでPPP方式による医療案件への投資を希望していることを受けて、レスラー副首相が発案したもの。計画投資省と在越ドイツ大使館の代表者を含む作業グループを設置して、PPP案件の円滑な実施を支援することを想定している。

 ビン計投相は、PPP方式による投資案件はベトナムではまだ新しいとしてこの提案に賛意を示すと共に、ヘルマングループによる案件が医療分野で最初のPPP方式導入モデルとなることに期待を示した。

 両国の貿易額は2011年に前年比33%増の約56億ドル(約4380億円)に上った。また、ドイツの対ベトナム投資は185件、投資総額は9億ドル(約704億円)に達している。

[CafeF,18/09/2012, 14:39,O ].  © Viet-jo.com 2002-2015 All Rights Reserved.  免責事項

Twitterより

コメントをどうぞ

最新経済ニュース
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2015 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC) 協力:ベトナムスケッチ