ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

高級マンション供給過剰で不動産バブルの懸念も

2016/01/29 17:05 JST配信
Clip to Evernote
(C) baodautu
(C) baodautu 写真の拡大

 2015年は分譲マンション市場が特にハノイ市ホーチミン市の2大都市で著しく成長した年だったが、多くの専門家は、2016年は供給過剰により不動産バブルのリスクに直面するとの懸念を示している。

 不動産仲介大手CBリチャードエリス(CBRE)ベトナムによると、2015年におけるハノイ市の新築分譲マンション供給戸数は市場全体の28%を占めた。同市の成約戸数は前年比+90%増の2万1100戸で、高級マンションが全体の32%を占めたが、数年前の時点では20%を下回っていた。高級マンション供給が急増した要因として、多くの投資主が停止していた案件を再開したことが挙げられる。

 一方、ホーチミン市では、2015年に延べ床面積856万m2の分譲マンションが供給され、成約件数は前年の1.5倍相当の2万6000件に上った。2016年は、更に多くの分譲マンションが市場に売り出される見通しだ。

 英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)は、2016年における全国の新築分譲マンション供給戸数は1万6500戸で、高級マンションが中心になると予想している。

 また、ホーチミン市不動産協会(HoREA)のグエン・バン・ドゥック副会長によると、ホーチミン市内で建設中の高級マンション案件228件のおよそ6万戸が、今後2~3年で市場に売り出される見込みだという。1戸当たりの販売価格は30~40億VND(約1600~2100万円)だが、「6万戸のうち半数が売れるかどうか」という懸念の声が上がっている。

 専門家らは、政府が金融政策を緩和させれば、銀行業界における不動産分野向けの過剰な貸付が再燃し、不動産バブルのリスクが増大すると強調している。従って、不動産市場の混乱を回避すベく、政府は投機防止策や同分野向けの貸付抑制、不動産供給の調整などの対策を講じて市場に介入する必要があるとの意見も多い。

[Gia Huy, Dau Tu, 08:19 (GMT+7) 26/01/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [経済]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)