ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム人の自動車所有率1.6%、近隣諸国を大きく下回る

2017/07/06 06:52 JST配信
Clip to Evernote

 シンガポールを拠点とするコンサルティングファームのソリディアンス(Solidiance)が発表したベトナムの自動車市場に関するレポートによると、ベトナム人の自動車(9人乗り未満)所有率は人口1000人当たり16台と低い水準に留まり、近隣諸国を大きく下回っているという。

 近隣諸国の人口1000人当たりの所有率は、マレーシアが341台、タイが196台、インドネシアが55台となっている。

 ベトナム人の自動車所有率が低い要因として、販売価格の高さが挙げられる。ベトナムでは自動車産業の現地調達率が低く、輸入完成車が大きな割合を占めている。したがって、税金や諸経費を加算すると、ベトナムは自動車販売価格が世界一高い国の1つと言える。

 ただし、2012年から2016年の期間にベトナムの自動車産業は年平均+38%成長し、東南アジア地域で最も高い成長率を示した。同期間に新規に登録された自動車の約45%はハノイ市ホーチミン市で登録されたもので、2016年時点における自動車登録台数はホーチミン市が21万1000台、ハノイ市が29万1000台、残りの59万8000台がその他の省・市となっている。

 ソリディアンスの予想によると、2017年から2020年の期間におけるベトナムの自動車産業の成長率は+13%、2020年の自動車販売台数は22万5000台に達する見通しだ。

[The Anh, News.zing, 20:00 (GMT+7) 27/06/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [経済]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)