ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

米国抜きTPPが大筋合意、正式名称もCPTPPに変更

2017/11/13 15:55 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ベトナムのチャン・トゥアン・アイン商工相と日本の茂木敏充経済再生担当相は11日、南中部沿岸地方ダナン市で記者会見を開き、米国を除く11か国による環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の大筋合意に達したことを発表した。

 新協定の正式名称は「包括的かつ先進的なTPP(Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership=CPTPP)」となる。CPTPPでは、TPPの関税の撤廃・削減のルールは変えないが、参加国が複数の義務履行を延期することを認めている。

 また、投資紛争解決や知的財産権、入札条件などの20項目を凍結し、効力や撤回、参加、見直しなどに関する規定を追加する。凍結項目は米国が強みを持つ分野が殆どで、米国が協定に復帰すると凍結が解除されることになる。

 なお、米国を含む12か国で合意したTPPは、米国の離脱により発効できなくなったが、CPTPPは11か国中6か国が国内での批准手続きを終えてから60日間後に発効する。

[Vnexpress, 11/11/2017 11:22 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [経済]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)