ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベンチェ省で蓮根試験栽培プロジェクト、日本が支援

2017/12/06 16:19 JST配信
Clip to Evernote
(C) dantocmiennui
(C) dantocmiennui 写真の拡大

 メコンデルタ地方ベンチェ省ハイテク応用農業センターはこのほど、同省タインフー郡ホアロイ町におけるレンコン(蓮根)栽培試験プロジェクトの効果を評価した。4か月にわたる試験栽培の結果、2000m2の栽培地で1800kgの蓮根を収穫したという。

 同プロジェクトはタインフー郡にある面積2000m2の海水浸入水田で蓮を栽培し、蓮根を収穫するもので、国際協力機構(JICA)の支援を受けている。同センターおよびカントー大学のバイオテクノロジー研究所が技術支援を行う。

 ベンチェ省は現在、1万4000haの水田を有しており、うち約1万0500haが海水浸入を受けている。同プロジェクトは蓮根栽培地を形成するほか、雇用創出、蓮根を栽培する各世帯の年収増加につながるものと見込まれる。

 アグリセールス社によると、日本はこれまで中国から蓮根を輸入しているが、ベトナム産の蓮根にシフトする傾向が高まっているため、日本政府に同プロジェクトへの支援を要請したという。

 ベトナムにおける蓮根の年間生産量は約1500t、一方日本の年間消費需要は約10万tに上っている。ベトナムは日本にとって蓮根の潜在的な輸入先だと評価されている。

最終更新:2017年12月7日11:00 JST

[Dan Toc Mien Nui, 23:44 (GMT+7) 10/11/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [経済]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)