ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

労働法改正案、最低賃金・残業時間・定年年齢の変更提案へ

2016/12/16 17:01 JST配信
Clip to Evernote
(C) bizlive
(C) bizlive 写真の拡大

 労働傷病兵社会省は現在、2012年労働法改正案に対する意見を募集している。地域別最低賃金、残業時間、定年退職年齢に関する意見が多いという。

 地域別最低賃金について現行法は、「労働者と家族の最低限の生活需要を保証」するよう義務付けている。しかし「最低限の生活需要」を定量化することは実際には困難である上、現在の最低賃金では最低限の生活水準も満たせないとの声が多いことから、改正案では「最低限の生活需要」を「最低限の生活水準」に替えている。

 残業時間については、現行法では月に30時間、年に200時間(特別な場合は300時間)を上限と規定している。上限の引き上げを求める意見が多いことを受けて改正案では、通常の業務時間と残業を合わせた総労働時間の上限を1日12時間とし、連続して残業できるのは5日までと規定。また、年間の残業時間は600時間を上限と規定している。

 定年退職年齢については、現行の男性60歳、女性55歳を維持する案と、男性を62歳、女性を60歳に引き上げる案が併記された。引き上げる場合は、企業への影響を配慮して年に3か月ずつ引き上げるとしている。

[Bizlive,12:49 13/12/2016など,O].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントをどうぞ
最新ニュース [法律]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)