ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

2020年末以降に戸籍簿を撤廃、「マイナンバー」導入で

2017/11/08 16:46 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 政府はこのほど、公安省が管轄する国民管理関連の行政手続きの簡素化に関する政府決議第112号/NQ-CPを公布した。政府は同決議の中で、出入国や車両登録、消防、居住などの複数分野における行政手続きを撤廃することとした。

 特に、郡・区と村・街区で行われる行政手続きでは、戸籍簿を撤廃し、個人を「個人識別番号(マイナンバー)」で管理する。この個人識別番号は、PET樹脂製の新しい身分証明書に記載される12桁の番号で、当局が各国民に番号を振る。

 戸籍簿の撤廃により、戸籍の変更や家族関係の証明、長期滞在証明など、戸籍簿に付随する手続きを撤廃し、出入国や車両登録、条件付き事業認可申請などの手続きも簡素化することができる。

 公安省は戸籍簿撤廃の実現に向けて、国民データベースの作成を進めている。その一環として、2016年1月1日からハノイ市ハイフォン市(紅河デルタ地方)、ホーチミン市カントー市(メコンデルタ地方)の中央直轄市4市を含む16省・市で新しい身分証明書の交付を試験的に行っている。試験期間を経て2017年末に成果を評価した上で、全国で展開する。

 2020年末までに新身分証明書の交付と国民データベースの作成を完了する予定。これを踏まえて戸籍簿を撤廃し、個人識別番号のみで国民を管理していくことになる。

[Nld等, 05/11/2017 04:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [法律]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)