ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日系企業のベトナム進出、11年は過去最多

2012/01/04 18:09 JST配信
Clip to Evernote

 日本経済新聞によると、ベトナム政府が2011年に認可した日系企業の進出件数が過去最多となった。ベトナム政府は裾野産業の育成を掲げ、北部ハイフォン市と東南部バリア・ブンタウ省に日本企業専用工業団地の建設を計画するなど誘致に注力している。円高や東日本大震災を機にアジア進出を目指す中小企業が増加している。

 日本貿易振興機構(ジェトロ)のデータによると、2011年における日本からベトナムへの海外直接投件数は208件。国別の投資件数では、韓国の270件に次ぐ2位に就けた。韓国は、サムスン電子が携帯電話やスマートフォンの生産工場を稼働し、関連企業の進出が増加。投資国にとって、ベトナムは人件費の安さ、中国市場に近い立地などが魅力となっている。

 日系企業については、昨年1月~11月における業種別の投資割合をみると、加工・製造業が全体の約54%を占めている。金型や建機用部品の製造など、大手の自動車・電機の下請け企業の進出が増加した。貿易・小売サービスが約15%と続いた。12月には、ミニストップが1号店を出店するなど、ベトナムの国内需要に着目する小売・流通業も目立った。

 一方で、投資額は前年比9.4%減の18億4930万ドル(約1440億円)と落ち込んだ。1件当たりの投資額は889万ドル(約6億8230万円)に半減。小規模な投資が目立った。

[2012年1月3日 ベトジョーニュースU].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [日系]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)