ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日本への看護師候補者、日本語能力N3以上を受け入れ条件に

2012/04/20 20:25 JST配信
Clip to Evernote

 日本政府は17日、経済連携協定(EPA)に基づき、ベトナムから受け入れる看護師・介護福祉士候補者の日本語研修費用を来日前も含め全額負担することを決定した。今月20日から東京で開かれる「第4回 日本・メコン地域諸国首脳会議」に出席するため訪日するグエン・タン・ズン首相と野田佳彦首相の会合で合意する見通しだ。

 EPAに基づく看護師や介護福祉士の受け入れは、インドネシアとフィリピンに続いてベトナムが3か国目だが、前述の2か国から受け入れた看護師候補者の国家試験合格率は、来日後に研修を受ける日本語の難しさが壁となり低迷していた。

 そのため、今回は入国時に日本語能力のハードルを設け、日本語能力試験「N3」(日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができるレベル)以上の認定を受けることを条件に加えた。

 候補者は入国前に約1年間、現地で日本語研修を受講し、この期間中の研修費用も日本が負担する。看護師候補者の条件は、◇ベトナムで看護課程を修了または看護師資格を取得した人、◇来日前に1年間の日本語研修を行い、日本語能力試験でN3以上を取得した人、とすることを決定した。なお、日本での滞在期間は最長3年で、3回まで国家試験に挑戦できる。

[2012年4月19日 ベトジョーニュースU].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [日系]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)