ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

タブチベトナム、KIZUNAレンタルサービス工場で開所式を開催

2014/07/17 10:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) KIZUNA
(C) KIZUNA 写真の拡大
(C) KIZUNA
(C) KIZUNA 写真の拡大
(C) KIZUNA
(C) KIZUNA 写真の拡大

 メコンデルタ地方ロンアン省のタンキム工業団地内にあるKIZUNAレンタルサービス工場のビジネスセンターで8日、水道関連製品の製造・販売を手掛ける株式会社タブチ(大阪市平野区)のベトナム現地法人、有限会社タブチベトナムのオープニングセレモニーが開催された。

 株式会社タブチは、サドル分水栓、継手、止水栓、逆流防止弁、屋内用配管部材、給水栓など水道関連製品の製造・販売を行っている。ベトナムでは水道局を主な取引先とし、ベトナム国内で製品の製造・販売を行っていく予定。

 オープニングセレモニーでは、株式会社タブチの田渕宏政代表取締役社長がスピーチを行い、◇ベトナムにおける水道技術の発展への寄与、◇同社のグローバル戦略拠点としてのベトナム工場、◇同社が開発した「サドル分水栓」のベトナム普及という3つの使命について語った。

 当日は、ロンアン省経済区域管理委員会(LAEZA)のチャン・バン・ビン副局長を始め、ニャーベー水道会社(NHABE WATER SUPPLY JOINT STOCK COMPANY)のグエン・ズアン・サー会長、在ホーチミン日本国総領事館の乾展之領事など約50人が出席し、盛大なオープニングセレモニーとなった。

 同社のベトナム工場は7月から本格的に稼動を開始し、今後は国内市場だけではなく、ASEAN地域への輸出も目指す。

 KIZUNAレンタルサービス工場は、主に日系中小企業向けに設計されたレンタルサービス工場で、2012年8月に設立された。500~1500平方メートルの小規模な工場スペースを取り揃えており、企業のコストと時間の削減に役立つサービスや設備も提供している。

 同レンタルサービス工場には、現在までに日系11社を含む16社の入居が決定している。年内にも全ての工場スペースが賃貸できるよう、引き続き営業マーケティング活動に力を入れていく方針だ。

[ 2014年7月15日 ベトジョーニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [日系]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)