ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホアンサ諸島は安南帝国の一部、ナポレオン時代の地図に明記

2017/01/12 06:10 JST配信
Clip to Evernote
(C)Mot the gioi
(C)Mot the gioi 写真の拡大

 南中部沿岸地方ダナン市ホアンサ郡人民委員会はこのほど、1800年代にフランスのナポレオン皇帝が作らせたコーチシナ部分地図(Partie de la Cochichine)を受領した。地図には南シナ海のホアンサ諸島(英名:パラセル諸島、中国名:西沙諸島)がアンナン(安南)帝国(現在のベトナム)に属することが示されている。

 地図を寄贈した米国越僑のチャン・タン氏によると、この地図は地理学者のフィリップ・ファンデルマーレン氏(Phillipe Vandermaelen)(1795~1869)が出版したアトラス世界地図のアジア編に掲載されていたもの。

 コーチシナ部分地図には、北緯12度から同16度までの海岸線(現在の南中部沿岸地方カインホア省から同クアンナム省にかけての地域)と沖合のホアンサ諸島(地図上では「PARACELS」)が描かれている。

 ダナン市内務局長兼ホアンサ郡人民委員会主席のボー・ゴック・ダン氏は「この地図はホアンサ諸島の主権がベトナムに属することを示す証拠になる」と話し、タン氏に感謝の意を表した。

[Mot the gioi,10.01.2017 13:02,O].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [政治]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)