ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

殺害した遺体をバイクに載せて出頭の男、禁固2年半の判決

2017/06/16 05:04 JST配信
Clip to Evernote

 ホーチミン市ゴーバップ区で2016年5月に男が義理の息子を包丁で刺して殺害し、遺体をそのままバイクに載せて警察に出頭した事件で、同市人民裁判所は14日、殺人罪に問われていたグエン・バン・ナム被告(59歳、同区在住)に禁固2年半の判決を言い渡した。

 殺害されたのは、同被告の娘の夫、トン・タイン・ベトさん(当時34歳)。ベトさんは妻の不倫を疑ってたびたび暴力を加えており、夫婦の間で口論が絶えなかったため、妻はベトさんの元を離れて実家に戻っていた。ベトさんは何度も妻の実家を訪れては家具などを破壊したり、一家を汚い言葉で罵ったり、「全員殺してやる」と脅迫したりしていた。

 事件当日も、ベトさんは酒に酔った状態で妻の実家を訪れて、門の前で一家を罵っていた。事件直前、ベトさんは門の前で顔を合わせた妻の妹に暴力をふるい、2人は殴り合いに発展。これを見たナム被告は、娘を助けようと包丁を持ってベトさんに応戦し、頭や肩部を切りつけてその場で殺害した。同被告はその後、100人余りもの野次馬が見守る中、血まみれのベトさんの遺体をバイクに載せて警察署に出頭した。

 ナム被告は裁判で涙ながらに「義理の息子の乱暴な言動に耐え切れず正気を失った」と供述した。裁判所は被告に同情の余地があるとして、軽い判決を言い渡した。

[Zing, 14:19 14/06/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
コメントはこちらから
最新ニュース [三面]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)