ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

魚の大量死、フォルモサなどの工場を検査

2016/05/06 14:55 JST配信
Clip to Evernote
(C) thesaigontimes, Hoai Phong
(C) thesaigontimes, Hoai Phong 写真の拡大

 北中部地方ハティン省クアンビン省クアンチ省トゥアティエン・フエ省に跨る全長200km余りの沿岸一帯で、4月中旬から大量の魚の死骸が波に乗ってビーチに流れ着いている現象を受けて、資源環境省はハティン省キーアイン郡ブンアン経済区で活動する工場を全面的に検査すべく、特別な検査チームを発足した。4日から検査を開始している。

 同チームは、◇資源環境省、◇農業農村開発省、◇科学技術省、◇商工省、◇建設省、◇公安省、◇国防省の7省庁、並びにベトナム科学技術研究所(VAST)、地方政府の代表者から成る。同経済区に工場を展開するフォルモサ・ハティン・スチール(Formosa Ha Tinh Steel Corporation=FHS)を中心に検査していく。

 FHSでは、◇製鉄工場、◇火力発電所第1タービン、◇設備メンテナンス工場、◇ソンズオン深水港などのほか、化学薬品の購入・使用や導管の洗浄作業、廃水処理などについてもそれぞれ検査する。7日に作業を終え、検査チームとFHSの間で検査結果の合意に至る見通しだ。

 FHSは導管や錆びた部品を洗浄するための化学薬品など約300tを輸入し、これまで複数回にわたり洗浄作業を行っている。これにより、FHSが海に流した廃水が魚の大量死の原因との疑いが浮上していた。

関連記事(会員登録不要)
[Saigon Times等, 19:51 (GMT+7), 4/5/2016, A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントをどうぞ
最新ニュース [社会]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)