ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ダナン空港のダイオキシン除染、処理後の用地12.7ha引き渡し

2017/08/11 15:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) baodautu
(C) baodautu 写真の拡大

 ベトナム国防省と米国国際開発庁(USAID)は9日、ベトナム戦争によるダイオキシン汚染が最も深刻な地域の1つである南中部沿岸地方ダナン市ダナン国際空港の用地12.7haでの汚染除去作業を完了し、同用地を交通運輸省に引き渡した。

 これに先立つ5月にも、処理後の6haの用地が引き渡されている。国防省は引き続きUSAIDと協力して除染作業を実施し、2018年第1四半期中にも全ての作業を完了し、残り16haの用地を引き渡す計画だ。

 ダイオキシン除染済みの用地では、新たに誘導路や駐機場を建設し、同空港の拡張を行う。同空港の拡張はベトナムが議長国として主催する第25回アジア太平洋経済協力会議(APEC)の開催に向けたインフラ整備事業の一部となるほか、中部地方の更なる経済発展にもつながるものと期待されている。

 なお、越米両国政府が2012年8月に着手した同空港のダイオキシン汚染除去プロジェクトは、2016年5月に第1期が完了し、同年10月に第2期が始動した。第1期では約4万5000m3の汚染土壌を処理し、同プロジェクトの最終フェーズとなる第2期でも約4万5000m3の土壌除染作業を行っている。

[Baodautu, 09/08/2017 16:16 (GMT+7), A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [社会]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)