ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

平和願い、日本人画家らが戦争証跡博物館で壁画制作―ドクさんも参加

2017/08/13 05:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) 戦争証跡博物館壁画プロジェクト実行委員会
(C) 戦争証跡博物館壁画プロジェクト実行委員会 写真の拡大
(C) 戦争証跡博物館壁画プロジェクト実行委員会
(C) 戦争証跡博物館壁画プロジェクト実行委員会 写真の拡大

 ホーチミン市3区にある戦争証跡博物館でこの夏、日本人画家を中心としたボランティアメンバーによって大規模な壁画制作が行われた。8月5日に開催された完成披露式典には、ベトナム戦争の枯れ葉剤被害者30人を含めて日本とベトナムの関係者100人以上が参加した。

 今回の壁画制作プロジェクトの企画は、プロジェクトリーダーを務める大阪府河内長野市の公立中学校教頭で美術科教員の内本年昭さんが、同博物館のフイン・ゴック・バン館長と懇談する中で持ち上がったもの。

 内本さんは2009年に同館を訪れて以来、ベトナム戦争や枯れ葉剤被害について生徒たちに語り、専門教科の美術の授業においても絵画表現を行ってきた。

 一方、バン館長はベトナム国内で美術教育が十分に行われていない島の子どもたちに絵筆を持たせ、子どもたちの絵画作品を同博物館で展示するなど、芸術による情操教育に力を入れている。

 こうした中、ベトナム戦争時に米軍が散布した枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた「ベトちゃんドクちゃん」の弟、グエン・ドクさんの仲介もあり内本さんとバン館長が親しくなったことで、2年前に同博物館のキッズルームである「白鳩の部屋」の壁画のリニューアルについて合意した。

  1   2  
[2017年8月13日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [特集]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)