ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

2015年国内人口移動調査の結果発表、移動者は女性優位

2016/12/20 06:40 JST配信
Clip to Evernote
(C) bnews
(C) bnews 写真の拡大

 統計総局(GSO)は16日、ベトナムにおける2015年国内人口移動調査の結果を発表した。2004年に次ぐ2回目の調査で、経済社会政策や国内移動者政策の立案に活用するとともに、国内移動者に関する研究に情報を提供することを狙いとしている。調査は6つの経済社会地域を代表する20省・市とハノイ市ホーチミン市で実施された。

 調査結果によると、15~59歳の女性人口に占める国内移動者の割合は17.7%、男性の場合は16.8%だった。15~59歳の国内移動者の男女の割合は、女性が52.4%、男性は47.6%で、女性の増加傾向がみられる。この傾向は2004年の調査やその他の調査でも確認されている。

 国内移動者の年齢は15~39歳が84%を占めている。2004年の調査では79%だった。専門技術修得者の割合は移動者が31.7%で、非移動者の24.5%より高い。短大・大卒以上の学歴者の割合も移動者(23.1%)の方が非移動者(17.4%)を上回っている。これは移動者の年齢が若いことや移動先に教育機関が多いことが理由と考えられる。

 国内移動者が働いている割合が最も高い地域は東南部の87.8%で、紅河デルタの81.0%がこれに続く。両地域には多くの工業団地が集中し、近隣地方から多くの労働者が働きに来ている。移動者の大半は移動先で職に就いており、移動者が失業率を高めているという事実はない。

[Bnews,11:40 | 16-12-2016,O].  © Viet-jo.com 2002-2017 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [統計]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2017 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)