印刷する | ウィンドウを閉じる
VIETJO - ベトナムニュース
[経済]

クアンガイ省:リーソン島に空港新設を提案

2021/05/13 04:56 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 南中部沿岸地方クアンガイ省人民委員会は、ファム・ミン・チン首相に対し、同省のリーソン島に空港を新たに建設するよう提案した。

 また、省当局は首相に対し、「2050年までを視野に入れた2030年までの全国空港開発計画案」への同空港の追加を交通運輸省傘下ベトナム航空局(CAAV)に指示するよう要請した。

 提案によると、空港はアンハイ村(xa An Hai)に建設し、BOT(建設・運営・譲渡)方式で展開する。滑走路は全長2.4kmで、エアバスA320型機、エアバスA321型機とこれに準ずる航空機に対応し、年間旅客処理能力は300万~350万人を見込む。

 省当局は、空港の建設はリーソン島(郡)の経済社会発展だけでなく国の国防安全保障にも貢献すると主張し、BOT方式を活かして民間セクターの資金で展開することで公的予算を圧迫することもないとしている。

 リーソン島は本土から28km離れたところに位置し、面積は10.4km2で、2万2200人が居住している(2019年データ)。

 CAAVの現段階の「2050年までを視野に入れた2030年までの全国空港開発計画案」では、2030年までに空港6か所を、2031年から2050年までに1か所を新たに整備し、全国の空港を計29か所とする。

 なお、同計画案の意見聴取の段階では約10省・市が管轄地域内における空港の新設または既存空港の拡張を計画に盛り込むよう働きかけていたが、稼働中の空港22か所のうち採算が取れているのは6か所程度に留まっていることを背景に、CAAVは全ての提案を却下した。 

[Tuoi Tre 16:32 09/05/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる