印刷する | ウィンドウを閉じる
VIETJO - ベトナムニュース
[観光]

チャム遺跡~ダラット間の鉄道再建案が承認

2007/10/13 08:33 JST更新

 政府はこのほど、東南部ニントゥアン省にあるチャム遺跡と中部高原ラムドン省のダラット市を結ぶ鉄道の再建案を承認した。投資額は3億2000万米ドル(約370億円)で、BOT(建設・運営・譲渡)方式で建設する。  計画によると、この鉄道は全長84キロメートル、線路の幅(軌間)は1000ミリの狭軌で、最高時速70キロメートルで運行する予定。年内にも着工し2015年の完成を目指す。運行後は地元民と観光客双方の利用を見込んでいる。  かつてのチャム遺跡~ダラット間鉄道は1928年に開通、急こう配の場所が多いため、世界でも珍しいアプト式(歯車を使って急な坂を登る方式)を採用し、最盛期には14台の機関車が活動していた。このチャム遺跡~ダラット間の鉄道遺跡を国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録するためには、鉄道再建が条件となっていた。  

[2007年10月10日 ベトナム国営通信]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる