ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

【第42回】小売店舗数から見るベトナムの現状【VIETJO LIFEコラム:統計から見るベトナム】

2018/05/17 12:00 JST配信
Clip to Evernote

(本記事は、2018年5月16日付け「VIETJO LIFE」で配信されたものです。)

元々伝統的な小売店舗や家族経営の店舗などが多かったベトナムですが、ここ数年でチェーン店やモダントレード(MT)店舗などが急速に増えてきています。今回は、ベトナムの小売店舗数から現在のベトナムの小売のトレンドについて把握していきたいと思います。全体的には、ベトナムのチェーン店舗やモダントレードは確実な増加を見せています。それぞれのカテゴリーで15〜50%ほど店舗増加の傾向にありますが、具体的なトレンドとしては下記が挙げられます。

ミルクティー店舗の急増


ここ1、2年のベトナムでのミルクティー店舗の人気はすさまじいものがありますが、台湾などのミルクティー店舗も急速に増えています。代表的な店舗では、ディングティー (DING TEA)が200店舗、 トコトコ (TocoToco)は150店舗、 ボバポップ (BoBaPoP)は106店舗などで、 ミルクティーチェーン店舗の数は既にコーヒーチェーン店舗の数を上回っています 。これは、特に北部においては独立経営のコーヒー店が多いことも影響していますが、その点を差し引いてもミルクティー人気の勢いを感じます。

携帯ショップ「テーゾイジードン」グループの店舗拡大

ベトナム最大の携帯ショップ テーゾイジードン (The Gioi Di Dong)ですが、グループ会社の家電チェーン ディエンマイサイン (Dien may XANH)ともに急激に店舗数を拡大しています。特にホーチミン・ハノイの郊外への進出が顕著で、2社の合計店舗数は2400店舗に到達しています。この数値は スーパーマーケット(308店舗)・コンビニ(1819店舗)などの食料品や生活用品を扱う店舗の合計数を上回っています

スマホチェーンの店舗数が生活用品を扱うチェーン店舗よりも多いというのは、パパ・ママショップが多い一方、スマホ所有が当たり前となっているベトナムならではの特長ではないでしょうか。スマホなどの販売による平均単価の高さ、地方でのスマホ需要の高まりに加えて、高いITオペレーションがテーゾイジードングループの成功を支えていると考えられます。



本文の続きはこちら → VIETJO LIFE「【第42回】小売店舗数から見るベトナムの現状
コラム「統計から見るベトナム」の一覧はこちら → 「統計から見るベトナム

著者紹介
株式会社Asia Plus代表取締役社長 黒川賢吾

株式会社Asia Plus ( www.asia-plus.net ) 代表取締役社長。
NTT、ソニー、ユニクロにて海外マーケティングを担当。
2014年にAsia Plusを設立しベトナムマーケットリサーチサービス「Q&Me ( www.qandme.net ) 」を展開中。


統計から見るベトナム
その他の記事はこちら>
© Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)