VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

カントー市と広島県、都市下水道の管理で協力協議

2017/02/20 17:02 JST更新

(C)Tin tuc,Hoang Hung
(C)Tin tuc,Hoang Hung
 メコンデルタ地方カントー市の幹部らは15日、訪越中の広島県の企業代表団と、都市の下水道システムを管理するソフトウェアシステムの開発などについて協議を行った。同市人民委のボー・ティ・ホン・アイン副主席によると、カントー市はこれまで都市下水道を整備してきたが、データに基づいた管理ができていないという。  また、現在も世界銀行(WB)からの融資資金を使って多くの都市開発案件を進めている。このうち大多数は下水道などのインフラであるため、これらを管理するソフトウェアが必要だと強調。日本企業による官民パートナーシップ(PPP)方式による投資に期待を示した。  広島県代表団の代表である松原氏は、参加企業が環境分野で多くの経験を積んでおり、中でも株式会社パイプデザインが下水道管理の土木アプリケーション開発の専門業者だと紹介した。同社のアプリはホーチミン市資源環境大学での講義でも使用されているという。  代表団に参加した企業各社はカントー市側と、都市下水道や環境管理分野のシステム開発における協力について意見を交換した。市側は下水道がうまく機能していない現状について説明した。  

[Tun tuc,15/02/2017 15:24,O]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる