VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

第4次産業革命、ベトナムと日本のIT協力拡大へ

2018/08/30 16:27 JST更新

(C)Sai Gon giai phong,Tran Binh
(C)Sai Gon giai phong,Tran Binh
 ベトナムソフトウェア協会(VINASA)とベトナム日本ICT協力クラブ(VJC)は29日、ホーチミン市で「ジャパンICTデイ2018(Japan ICT Day)」を開催した。2007年から毎年開催され、12回目となる今回のテーマは「第4次産業革命におけるベトナムと日本のIT協力」で、日本からの参加者80人以上を含め350人余りが出席した。

 情報通信省と日本の総務省は、これまでにサイバーセキュリティ、電波監視、郵便、ICT人材の育成などの分野で協力を進めることで合意している。またソフトウェア分野では、大半のベトナム企業が日本企業からアウトソーシング業務を受託し、売り上げを伸ばしている。

 ベトナムでは現在、大学と短大合わせて290校がIT人材を育成し、毎年約5万5000人が卒業している。一方日本では、IT分野の人材が現在でも17万1000人不足し、2020年には41万7000人が不足すると予想されている。

 VINASA副会長兼VJC会長のグエン・ドアン・フン氏は、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、ビッグデータなどの新技術を伴う第4次産業革命、協力ビジネスモデルの変化、ベトナムの余剰人材が、今後ベトナムと日本の企業のIT協力の機会を拡大するとの見通しを示した。
  

[Sai Gon giai phong 13:12 29/8/2018]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる