VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

1-3月期の国内航空会社定時運航率、トップは引き続きバンブー航空

2019/05/24 16:21 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 国内航空会社5社は2019年1月-3月期に計8万1193便を運航した。同期間の定時運航率は84.6%だった。航空会社別で見てみると、最も定時運航率が高かったのは、地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)の92.7%。同期間に運航した2024便中、遅延したのは全体の7.3%の147便のみだった。

 2番目に定時運航率が高かったのは、ベトナムエアサービス社(VASCO)の92.3%で、運航した3312便中、遅延したのは全体の7.7%相当の255便。運航本数が2番目に多いベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、運航した3万3417便中、遅延したのは3561便で、定時運航率は89.3%。

 運航本数が最多のベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、3万3646便のうち全体の21.5%にあたる6227便が遅延、定時運航率は81.5%。

 同期間で定時運航率が最低を記録したのは、格安航空会社(LCC)ジェットスター・パシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)。運航便8794便のうち全体の26.4%にあたる2324便が遅延。定時運航率は73.6%だった。 

[Zing 12:25 23/05/2019 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる