VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

カフェチェーン店「コーヒービーン」、比ジョリビーが買収―地場ベトタイが20%保有へ

2019/07/29 15:04 JST更新

イメージ写真
イメージ写真
 フィリピンのファストフードチェーン最大手のジョリビー・フーズ・コーポレーション(Jollibee Foods Corporation)が、米国発のコーヒーチェーン「ザ・コーヒービーン&ティーリーフ(The Coffee Bean & Tea Leaf)」を計3億5000万USD(約380億円)で買収することを明らかにした。

 これにより、今後はジョリビー・フーズ・コーポレーションが「ザ・コーヒービーン&ティーリーフ」の株式の80%を、またジョリビーのパートナーでベトナムにおいてカフェ「ハイランズ・コーヒー(Highlands Coffee)」やフォー店「フォー24(Pho 24)」を展開するベトタイ・インターナショナル(VTI)が20%を保有することになる。ジョリビーは2012年にベトタイ・インターナショナルへ50%出資している。

 これまで韓国の未来アセット資産運用のPE(プライベート・エクイティ)ファンドなどが「ザ・コーヒービーン&ティーリーフ」の株式の75%を、既存の株主が25%を保有していた。

 これに先立つ2013年、未来アセット資産運用のPEファンドは米国や台湾のファンドなどと共にザ・コーヒービーン&ティーリーフを約3000億ウォン(約275億円)で買収した。その後の2018年8月、PEファンドは米国で同店の売却を試みたが、買収候補者と大株主が提示する価格差を埋められず破綻。今年に入り、ジョリビー・フーズ・コーポレーションへの売却を決めた。

 「ザ・コーヒービーン&ティーリーフ」は1963年に米国ロサンゼルスで創設された。現在は27か国で1000店舗以上を展開しており、このうち4分の3がFC店舗となっている。 

[ソウル経済新聞 17:54 24/07/2019, S]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる