VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

韓国菓子大手オリオン、「チョコパイ」売上高が韓国超える―米菓も投入

2019/08/13 15:21 JST更新

(C) cafebiz
(C) cafebiz
 韓国の菓子メーカー大手オリオン(Orion)は、2019年4-6月期におけるベトナム事業の業績が売上高、営業利益ともに増加したことを明らかにした。

 同社の連結基準での売上高は前年同期比+3.7%増の4393億ウォン(約378億円)、営業利益は同+27.3%増の504億ウォン(約43億円)だった。ベトナムでの売上高は同+2.2%、営業利益は同+3.3%、それぞれ増加した。

 ベトナムでは新たに米菓と袋パンを販売し、ポテトスナックの「オースター(o’star)」や「スイングチップス」といった主要製品の内容量を約+20%増量したことが支持を得た。7-12月期には、ポテトスナックなどと共に米菓や袋パンの販売促進を行い、さらなる利益拡大を目指す。

 このほか、オリオンの売り上げを支えているのがチョコレート菓子「チョコパイ」だ。「チョコパイ」は2018年、世界で約23億個を販売し4150億ウォン(約357億円)の売上高となったが、うちベトナムでは920億ウォン(約79億円)を記録。830億ウォン(約71億円)の韓国を超えた。

 ベトナムでは「チョコパイ」が仏壇に供える菓子としても定着しているほか、2017年にはカステラ生地にカカオを混ぜ込んだ「チョコパイ・ダーク」を販売するなどの現地化も奏功している。

 同社は「今年はテト(旧正月)が早めだったことから、ベトナムでの1-3月期の業績は期待通りにならなかったが4-6月期には好転し、7-12月期もさらなる業績の改善が見込まれる」と期待感を示している。 

[デジタルタイムス 18:25 07/08/2019 / アジアニュース通信 11:15 26/07/2019, S]
© Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる