VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

サムスン電子のスマホ事業が好調、高まるベトナム経済での存在感

2021/01/12 14:01 JST更新

イメージ画像
イメージ画像
 韓国系サムスン電子ベトナム(Samsung Electronics Vietnam=SEV)によるスマートフォン事業が、ベトナム経済に大きく寄与していることが明らかになった。

 財政省によると、サムスン電子の北部紅河デルタ地方バクニン省の工場では2019年、売上高447兆VND(約2兆円)、税引前利益37兆3000億VND(約1700億円)を記録した。同様に東北部地方タイグエン省の工場は売上高657兆6000億VND(約2兆9800億円)、税引前利益48兆5000億VND(約2200億円)だった。テレビをはじめとした家電製品を生産するホーチミン工場の実績は、公表されていない。

 バクニン工場およびタイグエン工場の合計売上高1104兆6000億VND(約5兆円)は、2019年におけるベトナムの国内総生産(GDP)である2660億USD(約27兆7000億円)の約18%に相当することになる。さらにバクニン工場では2兆8600億VND(約120億円)、タイグエン工場では2兆0800億VND(約94億円)の税金をそれぞれ納付し、地元経済に大きく貢献した。

 スマートフォン生産量も増加してきている。昨年12月、タイグエン工場はスマートフォンの輸出台数が7億台を突破したことで記念式典を開催した。同社は「2015年に輸出台数が1億台を達成してから5年で7億台を超えた」と述べている。 

[韓国経済新聞 16:18 28/12/2020, S]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる