VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

ハノイ:20年の新規集合住宅供給数は▲52%減、15年以降で最少

2021/01/13 15:30 JST更新

(C) Zing
(C) Zing
 不動産仲介大手CBリチャードエリス(CBRE)ベトナムが発表した報告によると、2020年にハノイ市で売り出された新規集合住宅は前年比▲52%減の約1万8000戸で、2015年以降で最少となった。市東部での供給数が多く、全体の44%を占めた。

 2020年の成約戸数は約1万8500戸で、新規供給戸数を上回った。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックで国際線の運航が制限され、外国人に対する住宅販売が停滞する中、ベトナム人が購入者の大半を占めた。

 2020年10~12月の平均販売価格(付加価値税(VAT)や修繕費含まず)は1m2当たり1412USD(約14万7000円)で、前年同期に比べ+3%上昇した。注目すべきは、ザーラム郡とロンビエン区で初めて高級物件が売り出されたことと、市東部での価格が過去最高値を更新したことだ。

 CBREは2021年に2万4000~2万6000戸が新たに供給されると予測。住宅市場の傾向としては、新しい住宅地区の拡大と既存地区での高級化が進み、低価格物件は環状3号線の外側に移るとみている。販売価格は前年比+4~6%上昇すると予測している。
  

[Zing 18:30 10/01/2021,O]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる