VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

バンブー航空、2機目のA320neo機を受領

2021/04/07 15:09 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 地場不動産会社FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)はこのほど、仏エアバス(Airbus)の近・中距離向け商業旅客機A320neo型機をハノイ市のノイバイ国際空港で受領した。

 同機はバンブー航空が受領した2機目のA320neo型機。機名にもなっている「neo」は「new engine option」の略、CFMインターナショナルのLEAP-1Aエンジンが搭載されており、従来機と比べて燃費を▲15%低減できる。座席数は170席で、パナソニック(Panasonic)製の機内Wi-fiシステムなどを備える。

 同機はノイバイ国際空港に到着後、規則に従って念入りな洗浄・消毒が行われた。同社は2月にもエアバスA321型機を受領しており、年内に機材数を40機に増やすほか、2025年までに機材数を100機に拡充させる計画。

 同社は2017年5月に設立した若い航空会社で、現在は60路線あまりを運航しており、累計の旅客輸送数は700万人超。国内シェアで30%を獲得することを目指している。なお、2021年3月における同社の定時運航率は国内航空会社5社でトップとなっている。 

[VnExpress 13:35 5/4/2021 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる