VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

印二輪車大手ロイヤルエンフィールド、ベトナム撤退

2021/04/08 13:50 JST更新

(C) thanhnien
(C) thanhnien
 インドの二輪車大手のロイヤルエンフィールド(Royal Enfield)は、3月31日をもってベトナム市場から撤退した。

 撤退の理由は、ロイヤルエンフィールドと現地販売代理店の間で今後の発展方針について新たな契約の合意に至らなかったため。また、同社製品の評価が高くなく、売上が低迷していたことも一因となった。ただし、同社は2017年10月にベトナム市場に参入してから現在まで売上高を発表していない。

 同社は既存顧客の車両の保証期限が切れるまで、保証とメンテナンスに関するサービスの提供を継続する。

 ロイヤルエンフィールドは「クラシック500(Classic 500)」、「ブリット(Bullet)」、「ヒマラヤン(Himalayan)」、「コンチネンタルGT650(Continental GT650)」、「インターセプターINT650(Interceptor INT650)」などの車種を展開し、排気量は500cc、ベトナムでの販売価格は1億1000万~1億3000万VND(約53~63万円)となっていた。 

[Thanh Nien 10:01 03/04/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる