VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

ロッテリア、ベトナム撤退報道を否定 事業拡大を継続

2021/04/20 14:08 JST更新

(C) thuongtruong
(C) thuongtruong
 韓国系ファストフードチェーン「ロッテリア(Lotteria)」がベトナムから撤退するとの報道について、ロッテリア・ベトナム(Lotteria Vietnam、ホーチミン市)の代表者はこの報道内容を否定し、「通常通り業務を続けており、事業を拡大している」と発表した。

 韓国の英字新聞コリア・タイムス(Korea Times)によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が続く中で、ロッテリアを運営するロッテホールディングス(Lotte Holdings)傘下のロッテGRS(Lotte GRS)は世界各国の店舗を閉鎖する戦略を取っている。

 その一環として、2020年にインドネシアの全20店舗余りを閉鎖した。ベトナムについては、フランチャイズ(FC)店舗が全て閉鎖され、2021年中には全店舗の閉鎖が検討されていると報じられた。

 しかし、ロッテリア・ベトナムのマーケティング部長であるチュオン・ハム・リエム氏は、ベトナム店舗の閉鎖に関する報道を否定し、「2021年末までに新たに30店舗近くをオープンするほか、南部メコンデルタ地方ロンアン省ロンハイ工業団地に新工場を建設する計画も進めている」とコメントした。

 また、FC事業について、「閉鎖するどころか店舗網を拡大しており、FC店舗数は約100か所に増えている。これにより、ベトナム全国のロッテリアの店舗数は260か所以上となっている」と述べた。

 ロッテリア・ベトナムの業績について、2019年の売上高は前年比+8%増の1兆6830億VND(約80億円)だった。売上総利益は9870億VND(約47億円)で、税引前利益は▲220億VND(約▲1億0400万円)の赤字だった。同社は近年、赤字計上が続いており、2019年末時点の累積赤字額は▲4000億VND(約19億円)以上となっている。赤字続きでも店舗網を拡大しており、移転価格操作の疑いも浮上している。

 なお、ロッテリア・ベトナムは韓国の親会社に連絡し、韓国メディアの報道について説明を求めている。 

[Cafef 15:55 17/04/2021, 10:06 17/04/2021 / Zing 05:31 18/04/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる