VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

豆乳チェーン「Soya Garden」、ホーチミンから撤退 新型コロナ影響

2021/05/14 15:01 JST更新

(C) vtv
(C) vtv
 豆乳チェーン「ソヤガーデン(Soya Garden)」は、ホーチミン市内で最後の店舖だったフラッグシップ店(旗艦店)を閉店し、この市場から撤退した。同店舗は1区リートゥチョン(Ly Tu Trong)通り325番地に立地していた。

 ソヤガーデンは2017年、日本の現金出資リアリティ番組「¥マネーの虎」をモデルにしたベトナムの人気番組「シャークタンク(Shark Tank)」で、地場Eグループ(Egroup)の会長を務める投資家のグエン・ゴック・トゥイ(シャーク・トゥイ)氏から150億VND(約7100万円)を調達した。2019年4月末までにトゥイ氏からの出資額は1000億VND(約4億7000万円)に増えた。

 ソヤガーデンは巨額の資金を調達したことで、1年間足らずの間にハノイ市とホーチミン市で店舗網を急速に拡大し、2019年7月には全国で50店舗を運営していた。

 しかしその後は、新規出店はなく閉店が相次ぎ、2020年1月末にはハノイ市の29店舗、ホーチミン市の13店舗、北部紅河デルタ地方ハイフォン市の2店舗、南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の1店舗の計45店舗となった。

 同社は2020年5月、新型コロナ禍の影響によりハノイ市とホーチミン市にある一連の店舗を閉店し、数か月間で全国の店舗数の半分近くを閉鎖した。現在の店舗数はハノイ市にある8店舗のみとなっており、うちフランチャイズ(FC)店が1店舗となっている。 

[Doanh Nghiep Tiep Thi 06:47 12/05/2021, A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる