VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

直近20年間の1人当たり平均収入、増加率上位10省は?

2022/08/04 06:34 JST更新

(C) toquoc
(C) toquoc
 2002年から2021年までの20年間における省・市別の国民1人当たりの平均収入に関する統計総局(GSO)の調査結果によると、平均収入ランキングで2002年に63省・市中41位だった北部紅河デルタ地方ビンフック省は、同期間に生活水準が大きく向上し、2021年に9位まで上昇した。ビンフック省の1人当たり平均収入は年+25~35%のペースで急伸し、20年間の年平均増加率ではトップに立った。

 1人当たり平均収入の年平均増加率が2番目に高かったのは北部紅河デルタ地方ハナム省で+20~36%、3番目は同ニンビン省で+30.4%だった。

 以下、◇北部紅河デルタ地方バクニン省:+30.2%、◇同ナムディン省:+30.1%、◇北中部地方タインホア省:+29.8%、◇北部紅河デルタ地方タイビン省:+29.4%、◇東南部地方ビンズオン省:+29.2%、◇北中部地方クアンビン省:+29.2%、◇東北部地方タイグエン省:+29.0%と続いた。

 同10省の1人当たり平均収入ランキングの順位の変化について、ビンフック省以外の9省も2002年と2021年を比べると順位を大きく上げている。具体的に、◇ハナム省:43位→12位、◇ニンビン省:44位→14位、◇バクニン省:24位→7位、◇ナムディン省:37位→11位、◇タインホア省:55位→30位、◇タイビン省:35位→13位、◇ビンズオン省:4位→1位、◇クアンビン省:57位→37位、◇タイグエン省:40位→25位に浮上した。

 2021年のみを見ると、1人当たり平均収入の増加率上位10省・市は、トップが北中部地方トゥアティエン・フエ省で+9.7%。以下、◇ニンビン省:+9.6%、◇南部メコンデルタ地方バクリエウ省:+8.7%、◇ハナム省:+8.5%、◇ナムディン省:+7.7%、◇東北部地方フート省:+7.7%、◇同ランソン省:+7.5%、◇西北部地方ライチャウ省:+7.2%、◇南部メコンデルタ地方カマウ省:+7.1%、◇東北部地方トゥエンクアン省:+7.0%となっている。

<2002~2021年の1人当たり平均収入の年平均増加率上位10省>
 

[To Quoc 13:00 03/08/2022, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる