VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[経済]

HoREA、国営4銀行による社会住宅購入向け融資の承認を提案

2022/08/05 15:31 JST更新

(C) thanhnien
(C) thanhnien
 ホーチミン市不動産協会(HoREA)は、社会住宅(政府・地方自治体が建設・購入を支援する低所得者・公務員向け住宅)の開発を推進するため、社会住宅購入向け融資を取り扱う銀行として国営4大銀行を新たに加えることを要請した。

 これは、政府官房が建設省とこのほど共催した社会住宅開発に関する会議でHoREAが提案したもの。

 HoREAによると、支援措置の不足により2011年から2020年までの10年間における全国の社会住宅の開発実績は計画の41%程度に留まった。特にホーチミン市では、2016年から2020年までの期間に社会住宅として集合住宅計1万5000戸が建設されたが、計画の75%だった。

 また、同市の公務員・公的組織の職員の数は12万2000人以上となっているが、社会住宅購入目的で融資を受けることができている人数は5000人程度に留まっている。社会住宅の開発が大幅に遅れており、工場労働者をはじめとする低所得者の住宅ニーズに十分対応できていないのが現状だ。

 現行規定では、社会住宅購入希望者がベトナム社会政策銀行(VBSP)から優遇金利で社会住宅購入目的の資金を借り入れることになっている。HoREAはそれだけでは不十分だとし、ベトナム国家銀行(中央銀行)に対し、◇ベトナム投資開発銀行[BID](BIDV)、◇ヴィエティンバンク[CTG](VietinBank)、◇ベトコムバンク[VCB](Vietcombank)、◇ベトナム農業農村開発銀行(アグリバンク=Agribank)の国営4大銀行に対しても社会住宅購入向け融資を行うことを承認するよう要請した。同4大銀行では、個人・世帯向けに住宅建設・改装向け融資を行っているが、社会住宅購入向け融資は取り扱っていない。

 なお、HoREAはさらに、社会住宅の建設・購入に対する支援措置に加え、「中所得者・都市部の低所得者向けの廉価住宅」の開発を推進する措置も新たに策定・導入することを提案した。 

[Thanh Nien 18:46 03/08/2022 / VnEconomy 07:42 02/08/2022, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる