VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[エンタメ]

国民的音楽家の故チン・コン・ソンの人生を映画化、21年公開予定

2019/04/03 06:18 JST更新

(C)VnExpress
(C)VnExpress
 映画製作会社ギャラクシー(Galaxy)は3月28日、ベトナムの国民的音楽家である故チン・コン・ソン(Trinh Cong Son)氏の20歳から40歳頃までの人生とソン氏の音楽をテーマとした映画を製作すると発表した。製作費は200億VND(約9760万円)。ソン氏の才能に憧れて恋に落ちた日本人女性とのエピソードも描かれる。

 映画は、「ベトナムの怪しい彼女(Em Là Bà Nội Của Anh)」(2015年)や「The Girl from Yesterday(Cô Gái Đến Từ Hôm Qua)」(2017年)を手掛けたファン・ザー・ニャット・リン氏が監督、「輝ける日々に (『サニー』ベトナム版)(Tháng Năm Rực Rỡ)」(2018年)や「ベトナムを懐う(Dạ Cổ Hoài Lang)」(2017年)、「超人X.(Siêu Nhân X)」(2015年)で監督を務めたグエン・クアン・ズン氏がプロデューサーを務める。現在シナリオの執筆中で、来年に撮影、ソン氏の20回忌となる2021年4月1日に映画が公開される予定となっている。

 映画でも描かれる日本人女性は、1980年代末にパリの大学に在学していた時、ソン氏の音楽と出会い、ソン氏の反戦歌を大学院での研究テーマにした。ベトナムに来てソン氏と会って恋に落ち結婚寸前までいったが、結局別れることになったという。

 ニャット・リン監督は「音楽家のロマンを描きたい。ソン氏の人生には多くの詩の女神が現れた。この日本人女性はソン氏の音楽を愛し、ベトナムに来て研究をした点で特別な存在だ。彼女とソン氏の話はまだ多くの人に知られていない」と語る。同監督は今後、この日本人女性に会って話を聞いて理解を深めたいとしている。
  

[VnExpress 17:47 28/3/2019,O]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる