VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[エンタメ]

「ベトフェス2019」閉幕、代々木公園で日越文化交流を体感

2019/06/11 06:45 JST更新

(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s
(C) VIETJO/A-TIM’s
 日本国内最大級の日越交流イベント「ベトナムフェスティバル2019」が、8日と9日の両日に東京・代々木公園で開催された。両日ともに曇天、2日目は雨の中フィナーレを迎えたが、日本で暮らすベトナム人の姿も数多くみられ、会場は大盛況となった。

 2008年の初開催から11回目を迎えた今回も、会場ではフォー(米麺)やバインミー(ベトナム風のサンドイッチ)、ベトナムビールやベトナムコーヒーなどのベトナムグルメを提供する50ブースが出店され、ステージでは日本とベトナムのアーティストによるライブショーや伝統芸能など様々なパフォーマンスが行われた。

 飲食ブースは今年、特にバインミーやタピオカミルクティーが人気で、関東エリアに店を構えるベトナム料理店などが出店し、来場客を楽しませた。また、物販・展示・団体ブースと協賛・オフィシャルブースでは、ベトナム雑貨の販売や在日ベトナム人の生活に役立つサービスの紹介などが行われた。

 ステージでは、日本生まれ・日本育ちのベトナム人タレントであるフォンチーさんが総合司会を務めた。今年はベトナムと日本のワンエイスであるNMB48の石田優美さんが「ベトフェスアンバサダー2019」に任命され、ベトフェス事務総長の青柳陽一郎氏とのトークショーに登場した。

 ステージプログラムは、ベトナム文化スポーツ観光省の伝統音楽パペットショーやベトナムの伝統楽器「トルン」奏者の小栗久美子さんらの演奏のほか、◇ベトナム初の日本式アイドルグループとして現地で活動する「虹ユニバース(Niji Universe Inc.)」のライブ、◇6月5日に日本で初のアルバムをリリースしたベトナム人アーティストのYORIさんのデビューライブ、◇サンプラザ中野くん・パッパラー河合さんのライブなど盛りだくさんで、客席は常時満員御礼だった。

 ホイアン日本祭り観光親善大使や「神奈川フェスティバルinハノイ」のスペシャルサポーターを務めた上野優華さんと、河村唯さん、曽根由希江さんの日本人アーティスト3人によるステージでは、オリジナル曲に加えてベトナム語の曲も披露され、3人の美しい歌声が観客を魅了した。

 ベトナムと日本のアーティストによるライブショー「Love VIETNAM SHOW」が各日のステージプログラムの最後を飾り、日本からはGypsy Queenが、ベトナムからはファム・クイン・アイン(Pham Quynh Anh)さん、バンド「マイクロウェーブ(Microwave)」ボーカリストのカイン(Khanh)さん、ウエン・リン(Uyen Linh)さん、YORIさんの4人が出演、ベトナム語曲を中心にそれぞれが4~5曲を熱唱した。現地で大人気のアーティストらの登場にベトナム人の観客も大盛り上がりで、会場は熱気に包まれた。 

[2019年6月10日 ベトジョーニュース A]
© Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる