VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[エンタメ]

ベトナム系米国人2人、文化発展に貢献したアジア人100人に選出

2021/05/08 09:37 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 文化に関する非営利団体(NPO)「ゴールドハウス(Gold House)」はこのほど、文化に最も影響力のあるアジア・太平洋諸島系米国人(AAPI)100人のリスト(A100)を発表した。ベトナム系米国人の俳優ケリー・マリー・トラン(チャン)(Kelly Marie Tran)と、映画監督バオ・グエン(Bao Nguyen)の2人が選出された。

 ケリー・マリー・トランは1989年生まれで、両親はともにベトナム人。映画「スターウォーズ/最後のジェダイ」と「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」にローズ・ティコ役で出演した。今年公開のディズニーアニメーション「ラーヤと龍の王国(原題:Raya and the Last Dragon)」では、主役ラーヤの声優を担当した。

 バオ・グエンは、サンダンス映画祭に出品した作品「ビー・ウォーター(原題:Be Water)」を監督して注目された。香港のアクションスター、ブルース・リーをテーマにしたドキュメンタリーだ。チャン・タイン・フイ監督のベトナム映画「走れロム(原題:Rom)」では、映画「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン監督とともに共同プロデューサーを務めた。 

[Tuoi Tre 16:16 05/05/2021,O]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる