VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[法律]

外国人の入国目的変更に伴うビザ更新、一時出国不要に―法改正の準備着々

2019/09/18 16:42 JST更新

イメージ写真
イメージ写真
 国会国防安全委員会はこのほどの会合で、ベトナムにおける外国人の出入国・経由・居住法の一部を改正・補足する草案について討議した。

 ルオン・タム・クアン公安次官は、草案策定の背景や目的などに関する報告の中で、外国人の査証(ビザ)の更新時の手続きを簡素化する方向で法を改正する方針を明らかにした。

 現行規定では、就業先との雇用契約のもとベトナムで働き、後から労働許可証(ワークパーミット)を取得した外国人は、入国目的変更のためビザ更新時に一旦出国して再入国しなければならない。

 クアン公安次官は、「現行法は外国人にとって困難なだけでなく、外国人の勤める機関・組織の活動にもマイナスの影響を及ぼしている」と指摘し、「新草案でこの問題に取り組む」と強調した。

 新草案には、電子ビザ発給に関する条項も盛り込んで正式に取り扱う。電子ビザ発給は、2年間の試行に関する政令第7号/2017/ND-CP(2017年2月1日施行)と、同政令の一部項目を改正・補足する政令第17号/2019/ND-CP (2019年2月1日施行、2年間有効)のもとで試行されている。

 新草案は、10月に開幕する第14期(2016~2021年)国会の第8期会議で審議される見通しだ。


ベトナムの観光・ビジネスビザ、レジデンスカード、労働許可証の取得はお任せください。
詳細はこちら
 

[Cand 11:24 13/09/2019, A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる