VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[法律]

外貨取引に関する中銀の新通達が17日に施行へ

2021/05/12 15:11 JST更新

イメージ写真
イメージ写真
 外貨取引が許可された金融機関による為替市場での外貨取引をガイダンスするベトナム国家銀行(中央銀行)の通達第2号/2021/TT-NHNNが17日に施行される。これは、通達第15号/2015/TT-NHNNに置き換わるもの。

 新通達で注目すべきは、外貨取引を認可された金融機関が、国内にて起債されたVND建て国債を所有する海外投資家との間で、先渡取引の形で外貨を売却することが新たに認められること。

 この措置は、国内で起債されたVND建て国債を購入する海外投資家が抱える為替リスクを回避することが狙いとされている。

 取引方法は、◇窓口、◇電話、◇電子機器のいずれかの方法で行うものとし、電話、または電子機器を介して取引を行う場合は、双方交渉の上で行うものとするが、安全性の確保が求められる。電子機器を介した取引は電子取引法およびこれをガイダンスする法的文書に従わなければならない。

 なお、金融機関は外貨取引について取引手数料を徴収してはならない。 

[VnEconomy 19:57 07/05/2021 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる