VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[日系]

丸紅、ベトナムでインスタントコーヒー製造販売事業を開始

2019/06/19 17:09 JST更新

イメージ写真
イメージ写真
 丸紅株式会社(東京都中央区)は、ベトナムにおいて丸紅100%出資のインスタントコーヒー製造販売事業を開始する。需要の拡大が見込めるASEANと中国を中心に、2022年からの供給開始を目指す。

 丸紅は、東南部地方バリア・ブンタウ省の第3フーミー特別工業団地にインスタントコーヒー製造販売会社「イグアスベトナム(Iguacu Vietnam)」を設立した。今後、現地の許認可を取得して工事を着工し、2022年の商業稼働および供給開始を予定している。当初の年産能力は1万6000tの見込み。

 丸紅は、46年余りにわたりブラジル国内でイグアスブラジル(Cia. Iguacu de Café Soluvel)を経営・操業し、インスタントコーヒー製造販売事業の知見を蓄積してきた。この生産技術・ノウハウと販売ネットワークを活用し、伸長するASEANと中国のインスタントコーヒー市場における事業拡大を目指す。

 イグアスベトナムの稼働後は、2020年に生産能力を拡張する予定のイグアスブラジルと合わせて、年産4万tの生産能力となり、丸紅はBtoBインスタントコーヒー市場で世界最大の製造販売者となる見込みだ。 

[2019年6月19日 丸紅株式会社ニュースリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる