VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[日系]

日本とベトナム、在留資格「特定技能」で協力覚書―悪質仲介事業者を排除

2019/07/02 06:26 JST更新

イメージ写真
イメージ写真
 日本の法務省とベトナム労働傷病兵社会省は東京で1日、日本を公式訪問していたグエン・スアン・フック首相と安倍晋三首相の立ち会いの下、在留資格「特定技能」を有する外国人に係る制度の適正な運用のための基本的枠組みに関する協力覚書(MOC)を交換した。

 この協力覚書は、悪質な仲介事業者の排除などを目的としたもの。特定技能外国人の円滑かつ適正な送出し・受け入れの確保、および特定技能外国人の日本での就労における問題の解決などに向けた、両国の情報共有と協議の基本的枠組みを定めている。

 法務省は今年4月からの特定技能制度の開始に向けて、関係省庁とともに外国人材の送出しが想定される国との間で、悪質な仲介事業者の排除などを目的とする協力覚書の作成に向けた協議を進めてきた。

 今回の協力覚書の交換により、日本の法務省、外務省、厚生労働省および警察庁は、ベトナム労働傷病兵社会省と協力し、特定技能における悪質な仲介事業者の排除に努めるとともに、ベトナムからの有為な人材の円滑かつ適正な送出し・受入れを促進していく。 

[2019年7月1日 外務省報道発表 / 2019年7月1日 法務省報道発表資料 A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる