VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[日系]

タカラレーベンとフジタ、ハイフォンで分譲マンションのモデルルームをオープン

2019/09/24 12:00 JST更新

(C) タカラレーベン
(C) タカラレーベン
(C) タカラレーベン
(C) タカラレーベン
(C) タカラレーベン
(C) タカラレーベン
 株式会社タカラレーベン(東京都千代田区)と株式会社フジタ(東京都渋谷区)は22日、北部紅河デルタ地方ハイフォン市で展開する分譲マンション開発プロジェクト「ザ・ミナト・レジデンス(The Minato Residence)」のモデルルームをオープンした。

 モデルルームは、ハイフォン市のカットビー国際空港から車で約18分の同市レチャン区ビンニエム街区(duong so 3, khu HK11, du an Waterfront city, phuong Vinh Niem, quan Le Chan, TP. Hai Phong)に位置する。

 今年5月に発表された同プロジェクトは、ハイフォン市では初めてのオール日系企業での大規模マンション開発となる。「エターナルバリュー(永続的な価値)」をコンセプトに、ラックチャイ(Lach Tray)川沿いに位置するレチャン区の新市街地エリア「ウォーターフロントシティ(Water Front City)」に商業施設を備えた複合型分譲マンションを建設する。規模は敷地面積1万2760m2、地上26階、総戸数924戸。

 同エリアには既に高級ヴィラが立ち並び、2020年にはホテル・ニッコー・ハイフォンおよびロングステイホテル、イオンモールの開業が予定されるなど、ハイフォン市の中心エリアとして今後のさらなる発展が期待されている。

 ウォーターフロントシティ敷地内には日本風庭園を設けるなど、自然と都市の調和をテーマに安全・安心・高品質な生活空間を提供する。周辺では病院やショッピングモール、教育施設といった生活に欠かせない施設の開発も進んでいる。

 

[2019年9月24日 株式会社タカラレーベンニュースリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる