VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[日系]

JICA、ベトナムの食品安全確保に12億円の無償資金協力

2019/10/18 15:02 JST更新

イメージ写真
イメージ写真
 国際協力機構(JICA)はハノイ市で17日、ベトナム政府との間で「農業・水産食品の安全確保のための検査・農産食品品質コンサルティングセンター能力強化計画」を対象として12億0400万円を限度とする無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement=G/A)を締結した。

 実施予定期間は37か月(詳細設計・入札期間含む)、実施機関は農業農村開発省および農林水産品質管理局、対象地域・施設はハノイ市。

 同案件は、農業・水産食品の安全確保のための検査・農産食品品質コンサルティングセンターの検査体制構築に必要な機材およびこれら機材を有効に活用するための設備を整備することで、食品検査体制の拡充および検査能力向上を目指すもの。これにより、ベトナムの農水産食品の安全性の確保やWTO/SPS協定の履行促進が期待される。

 JICAはこれまで、食品衛生に関する政策の助言、食品検査能力の強化や国家モニタリング体制の改善、安全作物栽培振興に向けた支援を実施してきた。

 ベトナムは、米国抜きの新たな環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPP11=CPTPP)」や欧州連合(EU)とのベトナムEU自由貿易協定(EVFTA)への参加により、国際市場への参入・輸出拡大が見込まれる。

 こうした中、適切な農産品の栽培管理・農水産品の検査能力向上が、ベトナム農水産食品の信頼性と国際市場での競争力強化につながると見込まれている。 

[2019年10月18日 国際協力機構ニュースリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる