VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[日系]

ベトナム人看護師・介護福祉士候補者第8陣が日本入国

2021/09/14 06:32 JST更新

イメージ画像
イメージ画像
 日・ベトナム経済連携協定(EPA)に基づき日本が受け入れるベトナム人看護師・介護福祉士候補者の第8陣95人が10日、日本に入国した。11日にも108人が入国し、計203人(看護師候補者37人、介護福祉士候補者166人)が入国した。

 候補者は、訪日前にベトナム国内で12か月間の日本語研修を修了して日本語能力試験のN3を取得しているか、自主的にN2以上を取得しており、日本国内の受け入れ病院・介護施設とのマッチングを経て雇用契約を締結している。

 日本入国後は、約2か月間にわたり日本語などの研修を受講した後、国家試験の合格を目指して2021年11月中旬から全国の受け入れ病院・介護施設で就労・研修を開始する。看護師候補者は最大3年間、介護福祉士候補者は最大4年間の滞在が認められる。

 2014年度の第1陣から第7陣まで計1340人(うち看護師候補者180人、介護福祉士候補者1160人)が日本に入国し、2021年までに看護師国家試験では計116人、介護福祉士国家試験では計484人が合格している。 

[2021年9月10日 外務省報道発表 A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる