VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[日系]

日越食文化協会、ベトナムから日本への食品商材輸出で地場企業とパートナーシップ契約締結

2022/06/22 02:01 JST更新

(C) JVGA
(C) JVGA
 日越食文化協会(JVGA、東京都新宿区)と地場パシフィックフーズ(Pacific Foods、ホーチミン市)はこのほど、ベトナムから日本へのベトナム食品商材輸出に関してパートナーシップ契約を締結した。

 JVGAは2019年から、1省1製品をテーマにベトナム63省63製品の輸出を行う「110VJ」プロジェクトを推進している。今回、2023年に迎える日越外交関係樹立50周年に合わせて、ローカルパートナーと貿易関係を築くこととした。

 JVGAは既に、ベトナム産そばを東北部地方ハザン省から日本に輸出し、日本国内での正式販売を開始している。そばはハザン省ドンバン郡産で、現地での生産から日本での販売までをJVGAが監修し、sol株式会社(東京都新宿区)が輸出・販売業務を進めていく。

 なお、今年4月にJVGAの代表理事に就任した松尾智之氏は、5月31日までパシフィックフーズの最高経営責任者(CEO)を務めていた。同氏は引き続き、パシフィックフーズが展開する「マミ(Mami)」ブランドのヌクマム(Nuoc mam=魚醤)や他の製品についても日本への輸出に向けて準備を進めている。 

[2022年6月1日 一般社団法人日越食文化協会ニュースリリース A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる