VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[日系]

鹿島と地場の合弁、カントーでホテル「ウィンク」を着工

2022/09/22 13:54 JST更新

(C) longgiangfc
(C) longgiangfc
 鹿島建設株式会社(東京都港区)と地場デベロッパーのインドチャイナ・キャピタル(Indochina Capital)との開発合弁会社であるインドチャイナ・カジマ・デベロップメント(Indochina Kajima Development)はこのほど、南部メコンデルタ地方カントー市ニンキエウ区ファンディンフン(Phan Dinh Phung)通り14番地で、ホテル「ウィンク・ホテル・カントーセンター」の起工式を開催した。

 同案件は建設面積1万2700m2で、214室の客室と24室のサービスアパートメントを備える19階建てのホテルを建設する。このほか、庭園やコワーキングスペース、ジム、ランドリー、プール、ルーフトップバーなども併設される。

 同社は2021年にホーチミン市にホテル「ウィンク・ホテル・サイゴンセンター」をオープンした。向こう5~7年でベトナムにホテル20軒を開発する計画。南中部沿岸地方ダナン市で建設中のホテル2軒はそれぞれ2022年10~12月、2023年4~6月にオープンする予定。

 このほか、同社はホテル「ウィンク・トゥイホア」(南中部沿岸地方フーイエン省)と「ウィンク・ハイフォン」(北部紅河デルタ地方ハイフォン市)の進捗を加速しており、それぞれ2024年1~3月期、2025年1~3月期に稼働を開始する見通しだ。 

[Thi Truong Tai Chinh Tien Te 16:14 20/09/2022, A]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる