VIETJO - ベトナムニュース 印刷する | ウィンドウを閉じる
[日系]

日本の建設業界、ベトナム人エンジニアの年間収入は3万~10万USD

2022/11/24 06:53 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 日本で働いているベトナム人建設エンジニア366人を対象にHanabi社が実施した調査結果によると、198人(53%)が施工管理、73人(20%)が設計、15人(4%)が鉄骨構造、残りはその他の仕事に携わっている。

 ベトナム人建設エンジニアの平均的な収入は年3万~6万USD(約426万~852万円)で、シニアクラスになると7万~10万USD(約994万~1420万円)で同業の同世代の日本人の平均収入と変わらない。日本の建設業界におけるベトナム人の役割は高く評価されており、大規模プロジェクトで重要なポジションを任されている。

 ベトナムから直接日本の建設会社に就職を希望する人は、日本語能力試験(JLPT)でN3(日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる)以上の認定を取得する必要がある。これは、会社が日本語は必ずしも必要ないとしている場合でも同様だ。また、短大以上の建設学科を卒業していなければならない。

 日本の国土交通省の統計によると、建設業界で働く労働者の約30%は55歳以上で、29歳以下は10%にとどまる。日本の人口は高齢化が進んでおり、建設業界も深刻な労働者不足が懸念されている。 

[Tuoi Tre 12:00 20/11/2022, O]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる