VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[政治]

南シナ海で中国船が越巡視船を攻撃、石油掘削をめぐる問題で

2014/05/08 11:04 JST更新

(C)  tuoitre, ベトナム巡視船に放水する中国船
(C) tuoitre, ベトナム巡視船に放水する中国船
(C)  kenh14, 中国船の衝突で破壊されたベトナム巡視船
(C) kenh14, 中国船の衝突で破壊されたベトナム巡視船
(C)  kenh14, 体当たりを仕掛ける中国船
(C) kenh14, 体当たりを仕掛ける中国船
 ベトナム外務省は7日、中国が石油掘削を始めた南シナ海のホアンサ諸島(英名:パラセル諸島、中国名:西沙諸島)近くの海域で、ベトナムの巡視船が中国船による攻撃を受けたと発表した。衝突や放水などの攻撃を受けて、船員6人が負傷したほか、数隻の船舶が損傷したと主張している。  これに先立ち中国海事局は3日、南シナ海に設置した石油リグ「HD981」で掘削活動を開始すると発表。今月2日から8月15日までこの石油リグで掘削を行うため、全ての船舶にリグから半径1カイリ以内の海域に侵入することを禁じると通告していた。  これに対し、ベトナムは、問題の海域がベトナムの大陸棚と排他的経済水域(EEZ)に属しているとして断固反対するとの声明を発表。中国の掘削を阻止するため、巡視船など約30隻をこの海域に派遣していた。  なお、中国外務省国境海洋事務局の易先良副局長は8日に開いた記者会見で、「問題の衝突はベトナムの船が故意に衝突してきたことによるものだ」と述べ、ベトナムを批判した。 ※最終更新:2014年5月9日13:40JST 

[2014年5月7日 ベトジョーニュースU]
© Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる