VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[政治]

中国、南シナ海での漁獲禁止を発表―ベトナム外務省が抗議

2018/03/26 05:34 JST更新

(C) vnexpress
(C) vnexpress
 中国農業部は、5月1日正午から8月16日正午にかけて南シナ海での漁獲を禁止すると発表した。漁獲禁止が適用される範囲には、公海およびベトナムが領有権を主張するホアンサ諸島(英名:パラセル諸島、中国名:西沙諸島)とチュオンサ諸島(英名:スプラトリー諸島、中国名:南沙諸島)の周辺海域も含まれている。

 これを受けてベトナム外務省は、南シナ海における漁獲を禁止するとの中国の一方的な決定は国際法および各協定に違反するとしてこれを強く非難している。

 外務省レ・ティ・トゥー・ハン報道官は、両諸島の領有権および国連海洋法条約(UNCLOS)に従って確定された海域の領有権はベトナムにあることを改めて主張した上で、UNCLOS、また南シナ海行動宣言(DOC)に反するこの禁止令は無効だとし、断固拒否すると述べた。

 中国は1999年から毎年同時期に、南シナ海の領有権を主張する動きとして、ベトナムを含む周辺諸国の反対を無視して南シナ海のほぼ全域での漁獲禁止を一方的に発表している。2017年にも同様の禁止令を発表し、ベトナム外務省が抗議声明を出していた。 

[Khanh Lynh, VnExpress, 22/3/2018 | 17:06 GMT+7, A]
© Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる