VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[政治]

菅首相が訪越、日本政府はベトナムのテロ対策能力向上を支援

2020/10/19 15:59 JST更新

(C) zingnews
(C) zingnews
 菅義偉内閣総理大臣はベトナム時間18日午後5時50分、政府専用機でハノイ市ノイバイ国際空港に到着した。就任後初の外国訪問となり、真理子夫人も同行した。菅首相は20日までベトナムに滞在し、続いて21日までインドネシアを訪問する。

 19日には、菅首相とグエン・スアン・フック首相の立ち会いの下、山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使とレ・クオック・フン公安次官との間で、無償資金協力「経済社会開発計画」(供与額3億円)に関する書簡の交換が行われた。

 ベトナムは東南アジア諸国の中心に位置し、テロ、違法薬物取引および人身売買などの越境犯罪の拠点や通過点とされるリスクにさらされている。また、国内テロ組織の活動も活性化しており、テロ・治安情勢は予断を許さない状況にある。

 こうした中、ベトナムの治安対策を担う公安省は、テロ対策をより一層強化するべく、テロ対策部隊の能力向上に取り組んでいる。しかし、財政難により大都市における爆弾テロ対策などに必要な資機材が不足している。

 今回の計画では、テロ対策や治安維持の強化に資する機材を供与することにより、ベトナムの治安維持能力の改善と強化を図り、社会の安定化を通じたベトナムの経済社会開発に寄与することが期待される。 

[2020年10月19日 外務省報道発表 A]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる