VIETJO - ベトナムニュース
印刷する | ウィンドウを閉じる
[政治]

アンザン省党委書記スアン女史、新国家副主席に選出

2021/04/07 13:03 JST更新

(C) tuoitre
(C) tuoitre
 第14期(2016~2021年)国会の最終回となる第11回会議で6日午後、南部メコンデルタ地方アンザン省共産党委員会のボー・ティ・アイン・スアン書記が新国家副主席に選出された。

 スアン女史は1945年の建国から17代目の国家副主席となる。故グエン・ティ・ディン第12代国家副主席(生没年:1920~1992年)が女性として初めて国家副主席(1987~1992年任期)になって以降、これまでに国家副主席を務めたのは全て女性となっている。

 スアン女史は1970年生まれの51歳。南部メコンデルタ地方アンザン省の出身で、化学教育学士号と政治学士号を有する。ベトナム共産党の第11期・12期・13期の全国大会では中央執行委員に選出されている。

 経歴について、アンザン省ロンスエン町ミートイ高校の講師、同省共産党委員会官房職員、同省女性連合会の常務委員・同副会長・同会長、同省共産党委員会の国民運動副委員長、同省タンチャウ町共産党委員会、同省人民委員会副主席、同省共産党委員会副書記、同省共産党委員会書記を歴任し、現在に至る。

 なお、国会はこれに先立つ6日午前、ダン・ティ・ゴック・ティン女史に対し、国家副主席の職を解任していた。 

[Tuoi Tre 10:29 06/04/2021 U]
© Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved.


このサイトにおける情報やその他のデータは、あくまでも利用者の私的利用のみのために提供されているものであって、取引など商用目的のために提供されているものではありません。弊サイトは、こうした情報やデータの誤謬や遅延、或いは、こうした情報やデータに依拠してなされた如何なる行為についても、何らの責任も負うものではありません。

印刷する | ウィンドウを閉じる